2013/04/18

北京で二胡工場見学

8日から16日まで、20代の大半をすごした北京へ行ってきました。古い友人や二胡の先生、音楽大学でお世話になった方などに会えて、大変充実した時間をもつことができました!

教室の皆さんに二胡の駒を買ってきましたので、ぜひ試してみてください^^。今週末にお渡しします。

北京二日目、4月9日には二胡の工場を訪れました。朝9時ごろに北京・北四環沿いにある中国音楽学院を出発し、ひとりバスと地下鉄で向かいます。工場は地下鉄4号線の終点である天宮院駅近く、つまりけっこう果ての郊外にあるので、着くまでに1時間半くらいはかかりました。

天宮院駅につくと、一昔前の北京のように、「車に乗るか?!」と白タクのおじさんたちが群がってきますが、工場に電話すると担当の方がすぐに迎えに来てくれます。

工場では二胡製作名士の辜存雄先生もおられ、お食事までご一緒できて最高でした。ひとつひとつの工程を丁寧に現場で説明してくれ、9歳になられる先生のお孫さんの演奏まで披露してもらいました。

値段は結構しましたが、老紅木の二胡を購入。琴筒が6枚板の貼り合せではなく、整筒のものなので価格も上がります。楽器ははじめの時期にどれだけ訓練できるかがとても大切です。どんどん弾きこんで、さらに良い音色を出せるよう育てていきたいですね。


-----
にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ 弦のうた二胡研究会 - 横浜、神奈川県央(海老名・厚木)

2013/04/05

久々の小澤さんに感動

今日先ほどのニュースウォッチ9に指揮者・小澤さんが生出演されていましたね。もうすっかり元気そうな表情になられて、とても嬉しく思いました。私にとっては尊敬してやまない雲の上の存在ですが、相変わらずの優しい語り口で、聞き手の大越キャスターもずっと笑いっぱなしでした。

同じ曲を勉強しても、10年前と今では違うものになる、と小澤さんはおっしゃっています。音楽は非常に微妙なものだ、とも。言葉では表せないものがたくさんあるんだ、とも。どの言葉もビシビシと心に響いてくるのは、世界の大指揮者が云うからなのでしょうね。

最近は過去に比べて自由な時間が増えたようで、その時間を使ってとにかく曲をたくさん勉強したいと考えておいでとか。作曲家をもっとも大切にする小澤さんだから、きっとそう考えるのだと思います。曲を読む時間をたっぷり取れるのを嬉しそうにお話されていました。

小澤さんの指揮台での表情は、本当に真剣そのもの。「真剣」ってこういうことか、と何度も思い知らされます。雲の上の存在ですが、音楽に向き合うときの真剣さを、もっともっと学ばないといけません。テレビを通してでも、久しぶりに小澤さんの目を拝見できて、すごく勉強になりました。ありがとうございました。画像はなつかしい2009年音楽塾の写真です。


-----
にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ 弦のうた二胡研究会 - 横浜、神奈川県央(海老名・厚木)

本厚木で二胡とピアノ演奏

昨秋、個展イベントで演奏させていただいた本厚木のおしゃれカフェ「ぎゃらりー喫茶・なよたけ」さんへ、5月4日(土)に再度おじゃますることになりました。当日は絵画の展示も行われているそうです。すてきな絵に囲まれて演奏できるのは幸運です!

■日時:2013年5月4日(土曜日)、13:30頃開
■場所:ぎゃらりー喫茶なよたけ(本厚木イオン北側ビル2階)
■チケット販売無し(無料)
■喫茶にはおいしいお料理やドリンクがたくさんあります
■出演:原田家

ライブ自体は30分くらいを予定しています。GW終盤の一日ですが、二胡の音色を近くで聞いてみたい、という方はぜひお越し下さい。正直、ほんとに近いです!

曲目・・・

ダッタン人の踊り、女人花、空山鳥語、ほか




-----
にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ 弦のうた二胡研究会 - 横浜、神奈川県央(海老名・厚木)