2013/04/05

久々の小澤さんに感動

今日先ほどのニュースウォッチ9に指揮者・小澤さんが生出演されていましたね。もうすっかり元気そうな表情になられて、とても嬉しく思いました。私にとっては尊敬してやまない雲の上の存在ですが、相変わらずの優しい語り口で、聞き手の大越キャスターもずっと笑いっぱなしでした。

同じ曲を勉強しても、10年前と今では違うものになる、と小澤さんはおっしゃっています。音楽は非常に微妙なものだ、とも。言葉では表せないものがたくさんあるんだ、とも。どの言葉もビシビシと心に響いてくるのは、世界の大指揮者が云うからなのでしょうね。

最近は過去に比べて自由な時間が増えたようで、その時間を使ってとにかく曲をたくさん勉強したいと考えておいでとか。作曲家をもっとも大切にする小澤さんだから、きっとそう考えるのだと思います。曲を読む時間をたっぷり取れるのを嬉しそうにお話されていました。

小澤さんの指揮台での表情は、本当に真剣そのもの。「真剣」ってこういうことか、と何度も思い知らされます。雲の上の存在ですが、音楽に向き合うときの真剣さを、もっともっと学ばないといけません。テレビを通してでも、久しぶりに小澤さんの目を拝見できて、すごく勉強になりました。ありがとうございました。画像はなつかしい2009年音楽塾の写真です。


-----
にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ 弦のうた二胡研究会 - 横浜、神奈川県央(海老名・厚木)

0 件のコメント: